• 2016/02/12

    週刊ツクール vol.6

    今週から金曜更新となりました、週刊ツクール第六弾!
    今週号はちょっと長いですが、ご了承くださいませ。

    バックナンバーはこちらから。
    更新はtwitterでもお知らせしていきますので、是非フォローお願いします。

    かるがも行進局・シリーズ最新作が発売

    BGM素材を提供するかるがも行進局から、「中世ファンタジー編 vol.4」が発売!
    最終章となる本作では、登場人物の喜怒哀楽やイベントシーンなどを盛り上げる表情豊かな23曲を収録!

    もちろん今回もAAC/OGG両方の収録となっております。
    いまならセール特別価格、15%オフの841円で発売中

    特集:Steam Workshopを使ってみよう!

    先週2/5に発表された VX AceのSteam対応。
    非Steam版と特に大きな差として挙げられるのが、「Workshop」の機能です。
    今日は、そもそもワークショップってなんなんだ?というところからご紹介いたします。

    Workshopって何ができるの?

    Steam Workshopとは、簡単にいうと「ユーザーが作成コンテンツを共有する場」のこと。

    RPGツクールVX Aceの場合は、主に以下のことができます。
    1. 他のユーザーが作った、人気のゲームや素材をボタンひとつでインポート
    2. 自分で作ったゲームや素材を、ボタンひとつで世界中のユーザーと共有
    今週は、手始めとして 1の機能から試してみることにしましょう。

    Workshopをのぞいてみよう!

    それでは早速、ユーザー投稿の人気作品から覗いてみましょう。
    Steamコミュニティハブからワークショップをクリック、「最もサブスクライブ」のタブを開きます。
    ちょっと日本語が変なのは気にしてはいけません。

    現在のトップはLunareaさんの素材パック。2万2000人もの登録者が居ます。
    Workshopでは、サブスクライブ=登録することでそのアイテムを閲覧したり、使用できます。

    とりあえず、気になるものがあったら緑の「サブスクライブ」をクリック!だ

    これはLunareaさんお手製のタイルセットが、全部インポートできちゃう太っ腹パック。
    今回はこのパックを自分のVX Aceに入れてみることにします!

    サブスクライブが完了したらSteamからVX Aceを開いて、メニューの「プロジェクトの管理」へ。

    画面下部のプロジェクトのところに、Lunarea~が表示されているのが見えました!
    クリックすると利用規約などの詳細を見ることができます。早速、「素材をインポート」してみます。

    素材管理画面が開きますので、対象となるフォルダを選びましょう。この場合はTilesets。
    インポートを押して素材を選べば、即座にインポートが完了!
    ゲームからデータベースを開けば、インポートした素材が反映されているのが分かります。

    インポートした素材でささっと作成。テーマは「格差社会」

    Workshopの対応は大きく3種類

    このようにWorkshopでは、ユーザー作の「素材」のインポートや管理を簡単に行うことができます。
    他にも「プレイオンリー」、「プレイと編集」という項目が用意されており、それぞれ
    ゲームで遊んだり、どのように作られているかをエディタで確認することができます。

    現在Steam VX AceのWorkshopには、全部で1,800以上のアイテムが登録済!
    世界中のVX Aceユーザーたちが作成した素材やゲームで、沢山遊んでみてくださいね。

    今週の無料素材

    ハートがかわいい♡アニメーション素材

    乙女心にキュンキュン来るアニメーション素材の登場です。
    魔法少女モノ、美少女戦隊モノのゲーム(?)にぜひ!

    XPより、Mage08とFighter02が参戦!

    Mage08は歩行キャラ、Fighter02はSVでの登場です。
    ジェネレーターパーツも付属しています。 髪飾りがかわいい♪

    おなじみMarimoさんの素材、第三弾!

    天使素材でおなじみMarimoさんの第三弾は、ギターを抱えた天界ヒーロー!
    ギターをかき鳴らして、音波攻撃とかしてきそうな感じですね。。

    今週の無料素材のダウンロードはこちらから!

    それではみなさん、良い一週間を~!

  • 戻る